スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日からイタリア行ってきます

その前にちょっとだけ更新
本当はこんな中途半端な状態で晒したくなかったのですが
生存報告も兼ねてということでそうぞご容赦を。

pausemenu_01.png
今回は近接武器は5種類あり、その中で更にいくつも種類があります。
でも、インターフェイスは前作と近いものにしようと思い、このような形になりました。
まだ短剣しかないですが、その他のアイコンはすぐ作れます。

説明を画面上部に表示させるようにしました。
何も選択していない状態だと、その他色々な役立ち?情報が表示されるようになっています。

pausemenu_02.png
短剣アイコンをクリックするとこのようにメニューが表示されます。
カーソルで選択している武器の下部にその武器の情報が表示されます。
今は名前だけですが、攻撃力(全属性攻撃力の和)、防御力(ガード耐久力)、
パリィ力(ブロッキング猶予フレーム)、重さ(振る速度)、武器レベル※1
などが表示されるようになります。

※1 武器レベル:
たとえば、ソードブレイカーの武器レベルが70だとします。
主人公の短剣適性レベル(ステータス、短剣の使用度により算出)が
70を上回っているとちゃんとした武器の性能を発揮できるのですが、
そうでない場合は攻撃力がレベルの足りない分だけ低下してしまいます。
また、振り速度も遅くなります。
これは、凄い武器を序盤で手に入れてしまってもそこまで強くないように
するための措置です。というか実際のところ、そういうもんだと思います。

こうすると、両手に同じ種類の武器を持って1つの種類の武器の適性レベルを
上げるのが最も強いかと思われますが、同じ種類の武器のコマンド技は1連のコンボで
1回ずつしか使えない※2という制限を設けているので、ダメージが非効率的です。

※2 コマンド技制限を設けた理由:
コマンド技は、地上で立ち状態になって再度使えるようになるのですが、
短剣の↑斬りにアビリティスフィアを2個使ってレベル2にし、空中でも使えるようにしたとします。
両手に短剣を装備すると、その時点で 短剣1の空中↑斬り→ 短剣2の空中↑斬り
ができてしまい、3段ジャンプできるようになってしまうことになります。
これはコストの割にはあまりに便利すぎるので、制限を設けたというわけです。

というわけで、今からスーツケースに服を詰めます

ローマ楽しみすぎる
スポンサーサイト
プロフィール

暁。

Author:暁。
訪問していただき有難うございます。
I am glad for you to visit.
○ソフトダウンロード/download soft○
○ニコニコミュニティ/niconicomunity○



アクセス解析

twitter(生存報告)
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。