職場のPCで

なんと、手ごろなスペックなものがあったので、
本日休憩時間にそれでテストプレイを行って
みることとしました。

ちなみにスペックは

pentium4 2.4Ghz
memory 512MB

もう片方は
Celeron 2.0Ghz
memory 256MB

ですが、後者はメモリが不足しているため
かなり厳しいだろうと思って見合わせています。

CPUの処理速度をテストしたいのに…。


前者は恐らく最も打破すべきあたりのラインに属します。
これ以下はもうかなり無理というか
1から別物を作り直すしかないレベルです…。

2.01を起動してみたところ、fps自体は60近く
出ているようなのですが、キーレスポンスが
かなり鈍ってしまっています。

成程こういうことか、と認識しました。

BGMの状態は確認してはいませんが、恐らく
再生が遅れているのではなかろうか、と思います。

明日からこれでテストしつつ改良していくこととなりそうです。

BGM再生オンオフ機能をつけることとなるかもしれません。
バグった再生のされ方をするくらいなら消した方が
まだマシではないかと思うからです。

また、報告によると背景オンオフボタンは殆ど意味がないみたいなので
消すことにします。


ハードオフでPC見てたのですが、どれもスペックが
中途半端に高かったり低すぎたりして
意味がありませんでした。

未だに使われているスペックのものこそ
中古市場に出回っていないのでしょうね…。


余談ですが、同店舗にて
SC-88proとSC-88STproが並んで売ってありました。
両方2万前後でした。

未だにいい値段してます。さすが名機です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

暁。

Author:暁。
訪問していただき有難うございます。
I am glad for you to visit.
○ソフトダウンロード/download soft○
○ニコニコミュニティ/niconicomunity○



アクセス解析

twitter(生存報告)
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索