心理テストメーカーを作りました。ご協力お願いします

↓このように、導入時の心理テストで人間に対するスタンスを決めようとしています。


しかし、内容がやや難しかったり、辛いものがあったりするとのご意見を頂いたりしました。
そこで、「心理テストメーカー」を作りました。
これです→心理テストメーカーのダウンロード

要MS Access2007↑ (持っていない方は→)accessruntimeのダウンロード

これは、動画のような返事あり形式の心理テストを作成、簡単にテストプレイできる
ようなものです。

こういう心理テストだったらいいのになー、こういう内容ならどうかしら?と
思われた方がもしおられましたら、これで作成して頂いた上で、
nsphere@live.jp まで、作成されたデータをzip圧縮などして
添付して送信してください。

以下、使い方を説明します。

心理テストメーカー
こんな感じです。
新規設問ボタンを押すと、全て空白となりますので、タイトル、質問、回答1~4、その回答に
対応した女神返答1~4を入力してください。

コメントは、どういう意図をもたせた質問なのかを簡潔に書いて頂いたら
私、暁が理解しやすくなります。
「~、こういうの選んだらこう思っている、したがって~だ」みたいな。

評価したいと思っている要素は
・人間を攻撃するかしないか
・ダウンした人間を殺すか殺さないか
・自分を攻撃してくる人間を攻撃するかしないか
・ダウンした魔物を殺すか殺さないか
・ソンビ化しかけている人間を殺すか殺さないか

以上の5項目です。
これを評価できそうな、面白そうなテストを募集します。
宜しくお願いします。

心理テストについてコメント返しです

前記事にコメントつけていただいて、有難うございます。
それも結構真面目に見ていただいて、凄く考えて頂いている感じで嬉しいです。


>適当に選んで後から設定を弄れるやり方は製作者本人としてはどう思いますか?
攻撃対象の設定を「弄る」というのは、「ゲーム中では自分はこうありたい」という
事だと思います。これは、どのゲームでもスタンダードに行われている事では
ないでしょうか?(RPGの本質はそこを楽しむということです)

今回は、これまでの、「いつでもどこでもノーリスクで攻撃対象を切り替えられる」
という形ではなく、「信念」という要素を持たせたく思っています。
「人間を守るんだ!」という信念を持ったのなら、たとえ人間がどんな人間で
あったとしてもやっぱ守るべきなのか…?という。
もし、なにか人間を嫌に思うことがあって、初めに自分が弄った結果の
「人間を攻撃しない」というのを変更するとしたとき、それは、
「自分で決めた信念を曲げた」ということに
なります。そこを評価していけたら面白いかな、と。


心理テストとか結構好きで、色々やったことあってですね、、
でもなかなか、自分を評価するにおいて、納得いく内容の
テストってなかったりしました。
個人的には、人間の本質を覗くには最低ここまでは必要、等と思って
作ったのですが、やっぱちょっと重いですかねー。
で、重い、面倒、と思う人用に、スキップボタンをつけようかな、
と思っていたりします。

そういう飛ばした人は、従来どおり、「自分で好きなキャラとなる」
全部やった人は、「こうやるのがあなたに向いているのではないかな?」と
提案される、という形ですね。


…twitterでちょっと言ってた、「暁。 ‏@n_sphere2 7月3日
魂がリョナられるという前代未聞の事態に陥る人続出!」
とはつまりこういうことだったわけです…。ある意味予定通りだったのかも
しれません。

人間=味方 を攻撃する、殺す、というのは、結構重いことではないかと
自分的には思ったりもするんですよね。
「あなたは味方を攻撃したほうが良いです」と、女神様が提示するには
相応の重ーい理由が必要かなーと。

あと、内容的に、中高生には理解し難い要素も多くあるのは問題かなと思っています。
(仕事をしないとわからないような内容ばかり?)

皆さんはどう思われますか?

たとえばもうちょっと質問内容をマイルドにしてほしいな、というご意見、その他があれば
コメントにつけていただけたら嬉しいです。

動画その4うpしました

前半


後半


導入時の心理テストを作ったわけですが、セルフ心理テスト実況動画、って感じですね。
設問毎パラメータがまだ調整中なのですが、だいたいこんな感じですよってことで。
あ、あと、スキップボタンも作ろうと考えていたりします。

皆さんならどういう選択をされますか?

動画3をうpしました。(動画コメ返し追加しました)



今回は、mobが喋るという内容がメインです。
どういう感じで喋るのかなど、実際に見てみてください。
くっ殺要素とかもあります。

さて、動画上でいくつか気になったコメントがついていたので、それに対し
補足解説をさせて頂きます。(コメつけてくれた方がここ見てくれたらいいんだけどな)

>キャラの吹き出しが画面↑にあるとちょっと読みづらいな
>誰がしゃべってるかわかりにくい。今までのようにキャラの近くに
 フキダシ出した方がいいんじゃ?

キャラの会話内容の表示位置なんですが、試行錯誤した結果、
あの位置が最もよい、となりました。
文字数が多いので、キャラの直上などに表示すると、
フキダシの下に色々隠れてしまいます。
(画面中央付近はアイテムや敵が沢山存在する場所で、
それが見えなくなるのは問題)
かといって、最上部にしたら、上マップにつながる穴などが
見えなくなって探索の邪魔になるので、最上部より1マスちょい下あたりに
表示で固定、としています。
また、スマホに対応するので、操作パネルが主に下にあったりするので、
動画とは違い、主人公はだいたい画面中央にいる状況を多くしようかなと
考えていますので、動画よりは目の移動は少なくてすむかなと。

>セリフ内容に応じて効果(ちょっとしたバフとか)がつけば面白い鴨
確かに面白そうですね。
「ありがとう!」と言われたらやる気が出て攻撃力うp!みたいな?
ただ、サフィニア=プレイヤー、というDQ形式なので、ありがとうと
言われたからやる気が出るのはサフィニアではなくプレイヤーかな、とも
思います。(たとえば、ひねくれ者なサフィニア=プレイヤーの場合は、
「ありがとう」と言われて「チッ!クソが!」と思うかもしれません。)
そのへんはなんとなく自由にしておきたいです。

>相変わらずBGMも素晴らしいなぁ
動画のBGMはタクティクスオウガ運命の輪から拝借してます。
いずれ自作しますが、このクオリティの曲は難しいですorz

>会話パターン作るのだけでも結構な労力になりそうだw
改編できるmodとかあると面白いかも。淫夢verとかww
改変できたら面白そうですね。技術的に可能であれば、そうした拡張性も
持たせる方向で考えようと思います。

>こ、こんな面倒なプログラムくんで大丈夫?w
感情系プログラムはなんとかなりましたが、コンテンツ部分が大変ですね。
(キャラの種類を新たに作る毎にセリフ240種類追加しなきゃなりませんw
英語の方が全くできていないのですが、これはもう有志を募るしかないかも
しれないなぁ…)

>聖液wwww現実の宗教じゃないから聖水の表現を避けたんですねwwww
>いやー盛大に浄化してますなー
>浄化の儀式なら仕方ないよなあ
>一体何を言っているのだ?これはただの浄化の儀式だ!

exactly その通りでございます
こうした、訓練された視聴者様による更なるコメントのご活躍を期待させて頂きます。

>浄化ってなんだよ(哲学)
「民族浄化」の「浄化」みたいな感じでしょうか。

コメント沢山つけていただいて有難うございます。
また頑張って作っていきますので、どうぞ宜しくお願いします。

びっくりしました

ゲームの進捗状況の話でなくてすみません。

今日、小雨が降ってる中、仕事の昼休みに、同じ職場のおっちゃんと
職場より離れたスーパーの喫煙所で喫煙、会話していました。

「暁。くんはGW何やってたの?」
「ゲームつくってました。人口知能とかもできてきましたー、こんな感じで」
と言いつつ、スマホで画面見せて説明してました。
「で、こーやって人間死ぬんですけど、このあと犯されちゃったりする予定なんスよー(笑」

とか話してたら、傍におられた男性から、
「あの、そのゲームってもしかして…」
みたいな感じで声がかかりました、

ナイトメアスフィアですよ、というと、おおお、やっぱり!!!!
と。

まさかこんなところで、自分のゲームを遊んでくれた人と会えるとは
思いませんでした。なんか凄くうれしかったです。

自分が今一番気になってるのは、スマホにおける操作周りなので、
せっかくだから、少し遊んでもらうことになりました。

思ったとおりに攻撃や移動ができるか、というのの確認なのですが、
さすが過去作をやっておられただけあってか、軽快に走り回れているように
見れました。
操作性についての感想も伺わせて頂きましたが、印象は悪くはなさそうで、
ほっとしました。

お名前や連絡先の交換などその場でできはしませんでしたが、
声をかけていただいて、有難うございました。
また見かけたらテストプレイしてやってくださいね。
プロフィール

暁。

Author:暁。
訪問していただき有難うございます。
I am glad for you to visit.
○ソフトダウンロード/download soft○
○ニコニコミュニティ/niconicomunity○



アクセス解析

twitter(生存報告)
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索